美容クリニック

溶ける糸リフトアップ治療では、どんなダウンタイムがある?

美容クリニックで働いているkayoです。

kayo
kayo
ほうれい線や顔全体のたるみが気になる…

30代以降、ほうれい線やフェイスラインのたるみが気になりますよね。
クリニックに来院される30代以降のお客様も、たるみが悩みという方がとても多いです。

しみ、肝斑、ニキビ跡などはお化粧でカバーできても、たるみは隠せません。
しみや肝斑も紫外線対策などの予防が大切ですが、たるみも日々の管理が非常に重要です。

たるみ管理の方法の1つとして、溶ける糸があります。

  • たるみが気になる
  • 溶ける糸ってなに?
  • 溶ける糸のダウンタイムは?

こんなお悩みを解決していきます。

たるみの原因

コラーゲンの低下

お肌の中には、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸などお肌の弾力を支える物質があります。
しかし、これらは年齢を重ねるとともに生成が低下し、お肌の支えがなれなくなる為、たるみが生じます。

水分不足

乾燥、夏季の冷房などでお肌の水分は不足します。
乾燥で表皮の角質層がはがれやすくなると、肌はどんどん水分を失います。
潤いが不足すると肌は弾力を失い、たるみ・シワの原因になります。

紫外線

紫外線はシミやくすみだけではなく、活性酸素の発生させます。
肌の奥の真皮層では、コラーゲンやエラスチンが壊れ、たるみを引き起こします。

溶ける糸でリフトアップとは?

溶ける糸リフティングは、お顔の中に、溶ける糸を注入する施術です。
お顔はもちろん、たるみの気になる体にも施術が可能です。
年齢と共に減少する皮膚および皮膚脂肪層のコラーゲンを補充する効果があります。

一般的に美容目的で使用されている溶ける糸の成分は、PDO(polydioxanone)です。
約6~8ヶ月間かけて体内で、完全に分解吸収されます。

溶ける糸は、様々な種類があります。
施術目的やお悩みに合わせて、コグ糸, ツイン糸, トルネード糸, モノ糸など使用します。

溶ける糸の種類

モノ糸

Vの形をした1本の糸。
代表的な溶ける糸では、モノスレッド、ウルトラVリフトなどがあります。

ツイン糸

2本が絡まった糸です。
代表的な溶ける糸では、ダブルフェオリなどがあります。

トルネード糸

針の外側部分がバネのようにまきついている糸。
代表的な溶ける糸では、トルネード、フェオリなどがあります。

コグ糸

つり糸のように太い糸に薔薇のトゲのようなトゲが付いている糸。
コラーゲン再生効果以外にも、直接的なリフトアップ効果があります。
代表的な溶ける糸では、オメガ、ブルーローズなどがあります。

しかし、トゲが付いている為、ダウンタイムも多くなります。

溶ける糸のダウンタイムとは?

  • 1~2週間程度、痣、引きつり感、腫れ、痛み、凸凹感など生じる場合があります。
  • 歯医者や大きく口を開けるのは1ヶ月程度控える必要があります。
  • マッサージなどはコグ糸が入った場合、6ヶ月程度控える必要があります。
  • 施術後1週間程度は飲酒、たばこ、過激な運動は避けます。
  • 施術部位はこすったり、熱を与えないようにします。
  • サウナ、長い入浴など1週間程度避けます。
  • 処方されたお薬は用法容量を守って服用します。

コグ糸は、その他の糸に比べて、痣、腫れが1~2週間程度強く出ます。
リフトアップ効果が高い分、ダウンタイムや副作用の可能性もあります。
医師とよく相談し、今のお悩みの状態に必要かどうか確認をすることをおすすめします。

溶ける糸の治療方法

所要時間

お顔の場合、施術時間は約30分程度となります。
クリーム麻酔で施術の場合は、クリーム麻酔時間が30分~1時間程度追加されます。
睡眠麻酔の場合は、施術後の回復時間に個人差があります。

溶ける糸の本数

お顔の大きさやお悩みの状態により、個人差があります。
コグ糸はフェイスライン側に左右数本ずつ入り、その他の糸は数十本~百本程度入ります。

溶ける糸の再施術期間

溶ける糸リフティングは6~8ヶ月かけてコラーゲンを生成し、自身のコラーゲンを補填する効果があります。

1回したから、一生良い状態が保てるのではありません。
老化は常に進行しているので、1年に1~2回程度、溶ける糸やリフトアップレーザーでたるみ治療をすることで、アンチエイジング効果があります。

溶ける糸リフトアップをした感想(体験談)

私は、溶ける糸リフトアップの効果を目に見えて実感しています。(効果には個人差があります)

アラサーとなり、ほうれい線やフェイスラインのもたつきが悩みでしたが、コグ糸を含む溶ける糸施術をしたところ、1ヶ月以降大きな変化が現れました。

  • 小顔になった
  • Vラインになった
  • ほうれい線がなくなった
  • 周りの人に痩せた?と言われる
  • 化粧ノリがよくなる
  • お肌にハリがでる

価格はお安くないので、手軽にできないですが、10年後、20年後の自分への投資として、定期的に管理として続けたい治療です。

溶ける糸リフトアップ治療では、どんなダウンタイムがある?のまとめ

アラサーになると、お肌のトラブルやたるみなどの悩みが増えてきます。
中でもたるみは、コラーゲン低下、水分不足、紫外線が原因としてあげられます。
乾燥や紫外線対策を普段から意識しましょう。

年齢と共に低下するコラーゲンは溶ける糸の力を借りて補填するのがおすすめです。
糸の種類により、ダウンタイムや効果が少し異なるので、ダウンタイムに合わせて、最適な溶ける糸リフトアップを選ぶことをおすすめします。

老化は常に進んでいき、美にも終わりがありません。
予算や予定などを考慮して、無理のない範囲で長く皮膚管理を続けていくことが大切です。

溶ける糸やリフトアップにお悩みの方の参考となれたら嬉しいです。
お読みいただき、ありがとうございました。