美容クリニック

フィラーとは?お顔のコンプレックスを改善するプチ整形

美容クリニックで働いているkayoです。

kayo
kayo
ほうれい線や目の下のクマが気になってきたけど、どうしたらいいの…?

年齢と共に、ほうれい線や目の下のクマが気になりますよね。
機能性化粧品を使ってケアをしても、100%の改善効果は見えづらいです。

しかし、美容クリニックで扱っているフィラー(ヒアルロン酸)をお顔に注入すると悩みが改善できます。

フィラーは、お顔の中では、ほうれい線、目の下のくま、唇、口角、あご、ひたい、こめかみ、鼻、頬、まぶたなどに注入することが出来ます。

年齢と共にお顔の脂肪がなくなり窪んだ部分をフィラーを足す事で、ふっくらとした若々しさを取り戻すことができます。

その他、低い鼻、薄い唇、平らなひたいなど、ボリュームが足りなくて悩みだった部位も、フィラーを足す事でコンプレックスを改善することができます。

  • ほうれい線が気になる
  • 目の下のクマが気になる
  • 鼻を高くしたい
  • わし鼻を矯正したい
  • 唇が薄さが気になる
  • 頬がこけてきた
  • 額にボリュームがない
  • こめかみにボリュームがない
  • 口角が下がっている
  • まぶたが窪んでいる
  • フィラーが気になる
  • フィラーの副作用やダウンタイムが気になる

こんなお悩みを解決していきます。

動画でも紹介しておりますので、ご参考下さい。

フィラーとは?プチ整形?

フィラーとは、充填剤のことです。
フィラーには、ヒアルロン酸やその他フィラーもありますが、個人的にはヒアルロン酸フィラーをおすすめします。

ヒアルロン酸はもともと体内に存在する成分の為、安全です。
体内にて残留物質なく完全に分解吸収し、施術後にもし溶かしたい場合でも、安全に溶かすことの出来る物質は、ヒアルロン酸(HA)のみとなります。

お顔の中では、ほほやほうれい線等の窪んだ部位にボリュームを足すことができます。
その他、ひたいやあご等の輪郭を改善する目的にも多く使用されます。
胸、体のしわ、ニキビ跡のクレーター矯正など、多様な場面で施術が可能です。

ヒアルロン酸フィラーは、メーカーごとに持続期間、ダウンタイム、仕上がりが異なります。

フィラー注入が可能な部位

部位 効果
ひたい 丸みのあるひたいとなり、横顔が綺麗になる
こめかみ ふっくらとして、輪郭ラインが綺麗になる
まぶた 窪んで老けて見えるまぶたを改善する
鼻筋や鼻先に高さを出す
口角 下がった口角を矯正する
こけた頬にボリュームを出す
薄い唇にボリュームを出す
あご 短いあご、ちいさい顎にボリュームをだし、バランスを整える
しわ 深く刻まれたしわを矯正する
ふっくらとボリュームを出す

その他、病院により、フィラー注入可能な部位が異なりますので、ご参考ください。

フィラー注入の治療について

施術方法

フィラー注入希望部位に局部麻酔や麻酔クリーム後、フィラーを注入します。

所要時間

部位により異なりますが、約10分程度となります。

痛み

注入する際、針がちくっとする際と、フィラーが入る際に違和感がありますが、強い痛みではありません。(痛みの感じ方には個人差があります)

持続期間

部位やメーカーにより少し異なりますが、約1年程度となります。
口元(ほうれい線、唇、口角)はよく動く部位の為、他部位より持続期間が多少短くなる場合がございます。

ダウンタイム

  • 施術の効果は直後から実感できます。
  • 術後、異物感が2週間程度続きますが、徐々に自然と落ち着きます。
  • 術後1週間は、飲酒、たばこ、過激な運動を避けます。
  • 施術部位は、こすったり、熱を与えないようにします。
  • 局部麻酔部位は、施術後3~4時間程度違和感が残りますが、徐々に正常に戻ります。
  • 処方された薬は用法容量を守って服用します。
  • ヒアルロン酸フィラーは、必要に応じて溶解注射で溶かすことができます。
  • 2週間程度は、施術部位に衝撃を与えないようにします。

ヒアルロン酸フィラー比較

ジュビダーム

産地:アメリカ
持続期間:1年強

ジュビダームはボトックスで有名なアラガン社が開発したフィラーで、安全性が日本、韓国多くのクリニックで取り扱いがあります。

スタイレージ

産地:フランス産
持続期間:約6~12ヶ月

スタイレージフィラーは、ジュビダムの技術陣がフランスVivacy社にて、新しく開発した製品で、既存のジュビダムをアップグレードした第3世代抗酸化フィラーです。

レスチレン

産地:スウェーデン
持続期間:6〜12ヶ月

ニューラミス

産地:韓国産
持続期間:約3ヶ月

イヴアール

産地:韓国(LG生命科学)
持続期間:6ヶ月

クレヴィエル

産地:韓国産
持続期間:12〜15ヶ月

顎にイブアールとスタイレージを注入したことがあります。
持続期間、仕上がりどちらもスタイレージが断然満足度が高かったです。
お値段の違いはありますが、お顔の形を変える重要な施術です。
しっかりとメーカーや熟練した医師が施術をするクリニックを選ぶことも大事です。

脂肪移植とフィラーの違い

施術方法 特徴
脂肪移植
  • 自分の脂肪を注入する為、アレルギー反応が少ない
  • 生着した脂肪は、半永久的
  • 高い生着率のためには、複数回の注入が必要
  • 手術の為、ダウンタイムが長い
フィラー
  • 施術時間が短い
  • ダウンタイムが短い
  • 気に入らない場合は、すぐに溶解ができる
  • 持続期間が短い
  • 反復施術が必要
  • アレルギー反応の可能性もある

脂肪移植は生着率により、十分なボリュームが出ない場合がありますが、フィラーはすぐに希望のボリュームを出すことができます。
しかし、脂肪移植で生着した脂肪は半永久的な効果がありますが、フィラーは持続期間があります。

水光注射とフィラーの違い

施術方法 特徴
水光注射
  • 水光注射で使用する低分子ヒアルロン酸は、シワや凹みを持ち上げることはできません。
  •  水分を引き寄せる性質があるため、お肌全体に潤いをもたらします。
  • つや、ハリ、くすみ、小ジワ、乾燥肌などが改善されます。
  • 持続期間は、約1~2ヶ月です。
フィラー
  • 注入されたヒアルロン酸は、元からあったヒアルロン酸と結合し、皮膚を下から持ち上げます。
  • くぼんだ部分にボリューム感を足したり、輪郭矯正として使用します。
  • 持続期間は、約6~1年程度です。

水光注射はボリュームを出す効果はありませんが、フィラーは窪んだ部位にボリュームを出すことができます。
水光注射は持続期間が1~2ヶ月ですが、フィラーは約6~1年程度となります。

フィラーで顔のコンプレックスを改善(体験談)

今まで、様々なレーザーや美容施術を試してきましたが、ヒアルロンフィラー注入が一番満足度が高かったです。
理由は、コンプレックスがすぐに解消されたからです。

もともと、輪郭がコンプレックスでしたが、骨を動かす輪郭手術は怖く、プロテーゼも勇気が出ませんでした。

試しに、ヒアルロン酸フィラーで注入してみて、気に入らなかったら溶解しようと思い、施術をしてみました。
すると、とっても大満足の仕上がりで、コンプレックスが解消し、自信にも繋がりました。

手術は怖いけれども、お顔の悩みや輪郭のコンプレックスを解消したい方には、ヒアルロン酸フィラーをぜひおすすめしたいです。

フィラーとは?お顔のコンプレックスを改善するプチ整形のまとめ

年齢と共に気になるほうれい線や目の下のクマ。
骨格の問題によるお顔の輪郭のコンプレックス。
どちらも手術をせず、プチ整形のフィラーで解決することができます。

施術後のダウンタイムが短いので、誰にも気付かれずに、こっそりと綺麗になることができます。

クリニックにより、フィラーや医師の技術が異なります。
口コミを事前に調べ、実際に相談を受け、納得した上で施術を受けましょう。

フィラー施術が気になる方や、お顔のコンプレックスでお悩みの方に参考となれば嬉しいです。
お読みいただき、ありがとうございました。